機能性食品原料「LEM」「MAK」「LEF」の製造

 HOME > エビデンス > エビデンステーマ「放射線障害」

MAKによる放射線障害[基礎]


 
 1. 日本未病システム学会雑誌 10:69-74, 2004.
表題:放射線防御作用の検討-キノコ菌糸体や子実体を用いて-
著者:久保ナナミ、大内佳恵、明神有紀、嶋本文雄、樫本尚樹、許栄海、上坂敏弘、加藤修、渡邊敦光
所属:広島大(原爆放射能医学研)、広島女子大(病態病理)、湧永製薬㈱
 
2. Int. J. Molecular Medicine 15:401-406, 2005.
表題:Protective effects of water-soluble extract from cultured medium of Ganodeluma lucidum (Rei-shi) mycelia and Agaricus blazei murill against X-irradiation in B6C3F1 mice : Increased small intestinal crypt survival and prolongation of average time to animal death.
著者:Nanami Kubo, Yuki Myojin, Fumio Shimamoto, Naoki Kashimoto, Eikai Kyo, Kenji Kamiya and Hiromitu Watanabe
所属:広島女子大(病態病理)、広島大(放射能医学研)湧永製薬永㈱
 
 
MAKによる放射線障害[学会発表]


 
2004年
第10回日本未病システム学会
■放射線防御作用の検討 キノコ菌糸体や子実体を用いて
久保ナナミ、大内佳恵、明神有紀、嶋本文雄、樫本尚樹、許栄海、上坂敏弘、加藤修、渡辺敦光